【工事中】るるぶ逢坂@rurubuosaka

声優の逢坂良太さんがちょー好き!雑文ブログ。

三次元を二次元的に見ている

昔のヲタクってホント見るからに気持ち悪くて、暗くて、なんだか湿っぽい。
趣味以外には本当に金をかけない。身なりはどうでもいい。全てを注ぎ込む。湾岸ミッドナイトのアイツとか車に金注いでるから同じ服しか着てない。服にかける予算を割かない。
自分の殻に閉じこもって、人の話を聞かない人じゃ無いと自分の世界なんて作れる訳ない。
人の意見を取り入れるのも大事だけど、八方美人でことなかれ主義だとやっぱり芯がブレるわ。
表現者って人と争う事って大事なのかも。偏った思考でも、平均化するよりきっとずっといい。
その頃、「え〜○○ちゃん全然オタクになんか見えないよぉ」なんて会話は絶対無い。
なんやあれキモイな。何同族で慰めあってんの。ネイル剥げてんぞ。
女だからお洒落して定期的に服買わなきゃいけない理由なんてないんやぞ。ま、普通に買うけど。

しかし実在の人物に対して『〇〇はこうだった、実は〇〇なんじゃないかと思うの』ってどういう事なんやろな。
一種のキャラクター。二次元的な視点。
3次元なのに「実在してる?」って思うのは普段は画面や紙の上でしか見る事が出来ないから。
舞台で本人を目にすると、立体で途切れることなく動いていて、奥行きが合って、超解像度。 同じ次元いる……!っていうあの感覚。
2.5次元ってそういう事なんじゃ無いのかと思ってる。
アニメのキャラクターはファンタジーだから、演者はキャラクターイメージを壊さないレベルで夢を生み出す。
アイドルモノはそれが顕著で、キラッキラな作中のキャラと同じ衣装を着て歌って踊る。
でも私、キャラは体現しなくていいと思ってる。
あくまで二次元のイラストと、声の演技で見せて欲しい。
棒立ちで台本持ってる朗読劇は目を見張るけど、キャラとしての生身の歌とダンスはホント……「大変やなぁ」と思うだけ。
それでもキャラを体現する方がウケてるから、今の声優ってマルチタレント全開で本当に大変。 私は声優ってもっと技術職というのか、制作スタッフのうちの1人で、日の目を見ない裏方であって欲しいと思ってるんだけど、もうそういう訳にはいかない。
もっとジャージみたいな緩い服着て集合写真撮ってる頃って、上限関係キツそうだけど今程ファンに媚びたり、発言に気を遣わなくていいから穏やかそう(想像)
歌って踊れなくて、歯並びも悪くて身長も低くて太めで、顔に大きな外傷の跡があったとしても、演技が素晴らしければ活躍できる世界であって欲しい。まぁ理想。
女性声優に関しては若いことが正義!コスプレOKじゃないと駄目!みたいになってるし。 外見はあくまでも付加価値であって欲しい。
ヴィジュアルが良ければ人を惹きつけるのはわかるけど、それはもう何か別の要素で人気が出て活躍してるんだなぁという感じ。ソレはソレ、コレはコレ。自分の武器は活かせばいい。

私は逢坂さんを声優の部分で好きになったからその声の部分は一番重要というか、だから特典にブロマイドなんてつけられても凄く複雑。買うけど。
綺麗に化粧をして、スタイリストの選んだ服を着て、プロの撮影と編集。
あんまり『綺麗』にしなくていいのになぁ。
私はCGで毛穴の消えた人工的な肌をありがたがったりしない。
作られたキャラクターイメージを好きになって、そのキャラクター性をファンが想像するっていう気持ち悪さの連鎖。


現実であって、幻のような画面の中の存在。
夢の世界を行き来するディズニーランド。
ぬいぐるみの中にいる確かな『中の人』を時々感じたい。
毎週のように配信される動画を見なくなって本当はいいと思っている。
確かに存在する彼の存在を、私は無理することなく眺めていたい。
イベントへ漏れなく通うこと、参戦歴を表明すること、良席を、対応を、ラジオで読まれた、そんな事どうでもいい。
私の中にある『好き』を大きさを人が測るものじゃない。

広告を非表示にする

スポーツ部活動アニメ

だらだら書く。‪私のパパン、まぁまぁ『ダイヤのA』が好きみたいだけど回想が多くてダレたっぽい。
昔のアニメって回想や細かな後日談がない。キャラクターの心情を今ほど掘り下げることは無い。他校なんてただの敵。今の作品はそこにスポット当てるから良いんであって、でも一部にはデメリットにもなってるのかも。
実は私も「勝った〜!わ〜!おめでとおおおおお!」の後は基本的にはいらないと思ってる。
メカアニメにリアル系スパロボ系って別れて言われるように、スポーツアニメのリアル化なのかもしれない。選手のアイドル化っていうのもインタビューで本人の『感情』が表に出るからなのかも。
個人的には試合が、結果が良ければそれでいい。

野球・バスケ・サッカー辺りは一般常識のように扱われるから、ぶっちゃけると集団スポーツ嫌いの自分としてはハードルが高い。みんなで協力する系がホント受け付けない。
個人で成績叩きだして1人、上にいくやつはいいんだけど。
全ては小学校時代の大縄跳びのトラウマだから私は悪くない。あんなモン、苦手な奴にやらせんなやアホか。何が協調性じゃ。学校のトラウマ多すぎ豆腐メンタル。
「あー、次アイツか。折角記録更新してんのに引っかかるわ最悪」っていうあの冷ややかな目線が未だに蘇る。勘弁してくれ。

その意味では『メジャー』の方がシンプルで見やすいのかも。
放送枠もいい。夕方放送って普段アニメをちょっと小馬鹿にして、絶対に好んで観ない一般人がわざわざチャンネルあわせて観るから凄い。あと野球自体が好きだから、その意味でどの話から観ても入りやすいんだと思う。サッカーモノはそこまで真剣に観ない。
かといって学生時代に卓球やってたからって稲中は勧めない(アレはちゃうやろ)
テニプリ』はめっちゃ真剣に観てた。消える魔球のノリがそこにある。テニプリは格闘モノかと思っていたらビックバン起きたり空間を削り取ったり出来るからSFかもしれない。
『黒子』は『テニプリ』化するかと思ったらそうでもなかった。
ゾーンはともかく、「頭が高い」の赤司の存在が能力系バトルが得意なジャンプ感。
私は好きなんだけど、正統派スポーツ!ってのはやっぱりジャンプには少ない。マガジンやサンデーになる。最近はそうでもないけど、能力系はやっぱヲタ向きなのかなぁ。
ホントに上の世代は『特殊能力設定』を受け入れないし。頭が固いんかね。
そういう人でも魔女っ子や映画のファンタジーモノはOKだったりする不思議。

結局、テーマや舞台、扱う業界へ興味の要素がないと最初から観ない。
私の場合車とかバイクとかロボット出てないと眠い。当たり前すぎて自覚無かったけど、近年メカアニメが少ないから過去作品を漁るようになってしまった。
私だって『今』を楽しみたいんだけどなぁ。モータースポーツはスポーツじゃ無い扱いされるのはなんなん?昔、競艇のアニメあるやん?って思ったのもエンジンが載ってたからだと思うわ。『モンキーターン』の話。あの頃は機械に興味なかったけど性癖って言うほど自覚がないものだからなぁ。

逆にラグビーとかの変わり種の方が私は興味持つ。『ALL OUT!!』、良かった。
ラグビーのルールは相変わらずよくわかんないけど、雰囲気で観られる。
競技モノでで一番重要なのって多分コレ。良い意味の雰囲気アニメ。
スポーツじゃないけど、囲碁の事、なーんも分かんなくても『ヒカ碁』は流行ったし。
でもルールが分かってないと観られない人も多いらしくて、その辺難しいなぁと思った。 これも視聴に基本設定が必要な分、メカアニメと通じる部分があると思う。戦闘=試合って見せ場は一緒。もうメカアニメと共通点探さないと視聴出来ないレベルだからごめん。
ただの学生が恋愛するだけの作品とか学校とか会社が舞台とか興味ないんや。現実見たくないからクソヲタやってんのにやめてくれ。
あとスポーツって核爆発とか起きないやん。私は現実で体験できない気の狂うような爆発、崩壊と絶望、殺戮を含んだ青春群像劇が見たいねんけど。

アニメとは別で、「野球面白い」って継続していくのは極小数だと思うんよね。
カイジ読んでる人がみんなギャンブル狂いな訳でもないし、一切の賭け事をやらない人いるし。麻雀知らなくても読める。エンターテインメントって難しい。
深みにハマり込むのはやっぱりテーマになる『野球』の設定が好きである事が前提だと思うんよね。
キャラだけ見てると飽きると思うわ。ハマり方が浅い。世界含めて愛してないから。
やっぱ野球好きでダイヤ好きですって人は他を圧倒する程のとんでもない情熱だと思って見てるし、球場コラボも本来の意味で楽しいだろうなぁ。


私、逢坂さんが好きなのをひた隠しにしてるからダイヤ関連の声優の知識を身内がうっすら仕入れてるのほんと勘弁して欲しい。前のダイヤの新聞、私より先に買ってきてたし。
あ、それ読んだんなら私が予備として貰うわ、真ん中のポスターは曲げんとってな( ⊃'-‘⊂ )サッ♡

広告を非表示にする

「変なスクショ」

‪妹子がアニメ系イベントや聖地でのリア充風味の写真をバンバン送り付けてくる。某声優のロケ地だだったりコラボカフェだったり戦利品を両手にしたクッソキメェクソヲタ独自の笑顔(ブーメラン)。布教系故に一方通行で通知が止まらない。 私は「ただのクソヲタ」だと返した。  すると「お前こんな楽しそうに笑って写真撮れるのかよ」と、きたから「逢坂さんのように表情筋が動かないのを目指す」と答えたら即納得されたのでお互いただのクソヲタ。いえー!うんこー!!!

だって逢坂さん、声優雑誌やらの写真は(`・ω・´)キリッ(※ただし笑顔ではない)だから、みんな「変なスクショ」しちゃう。媒体によってはホクロ消されてるし、メイクだけじゃなく過剰なライティングとフォトショで編集されてる。は?これ誰だよ(怒)   私は!カメラ目線じゃない逢坂さんを眺める動物園みたいな感じで観察するのが理想なんですぅ。決して!接触したい訳じゃないんですぅ~。 イベントもマジックミラーで相棒の取調室みたいに横から眺めておきたい。壁1枚挟んでいいから超絶接近戦でコッチ(客席)を意識せず関係者の人とただ飯ったり喋ってるだけの方がいいんですぅ〜〜〜。 「コッチ向いて!」なんて思わない。 頼むから私を視認しないでください。どうしたら幻のシックスマンになれますか。 

好きです| 壁 |д・)チラ♡

広告を非表示にする

30over

‪ところで私が中高の頃、30ぐらいの人を決してカッコイイ、可愛いとは思っていなかった。
かといってオジサンとも思っていない。形容できない。
どう見てもオジサン、オバサンって容姿の人に分断されるのが両極端になるのが30なのかもしれないのだけど。
30は内面的にはまだお兄さんに近い。知る限り、40歳だってきっと思ってる程大人じゃ無い。
でも「お兄ちゃん♡」と言うには違和感がある。
中身はやっぱり学生のノリはない。大学生、大学院生、浪人生はまた違ってくるのかもしれないけど。
結局は置かれた環境によって変わる。
学生なら進学校、各種専攻、女子校……性格はその箱庭という社会が形成するのだと最近わかったような気がする。
役者って職業は、そして特に声優って職業はいつまでも学生を演じ続ける可能性があるから、そういう意味では常に青春の中にいる。
創作物のキャラクターは少し達観した性格が多い。そういう意味では『大人』が演じるのは丁度良いのかもしれない。

中〜高校生から見れば30前後ってまだ若さがあって外見もまだ身近な感じもあって、それでもしっかりした思考や視点を持っていて、そういった同世代が持っていない内面性に惹かれてるんじゃないかと思う。
そりゃ容姿でキャッキャするのはそれはそれでわかるんだけど、バラエティのバカ騒ぎとは別に真面目な話もききたい訳よ。私はそうだった。
同世代の友達からは絶対に聞き出せない、親や先輩や先生とは違う『大人』の言葉。
けれどもその人が話す言葉の一つ一つは決して「言ってる事わかる〜!」みたいな同調では無かった。
年上が年下に何かを話す時、絶対に上から目線になる。そんなものは年数分の上から目線になる。
逆もあって、自分が圧倒的に年上の場合は相談コーナーなんかにはメールを送れないって話を聞いたときに「なるほど」と思った。「自分より年下に言われても」というプライドのような物、なのかもしれない。私はまだこの感覚を持っていない。
きっと学校の先生の語ることも、中高生にはその本質を飲み込めていない。若くて20代、上は60代~の先生がいる。
言葉は耳を通り抜ける。心に入ってこない。だから忘れる。
頭のいい人というのは『人の話を聞ける人』なのだと思う。
聞くのは誰でも出来る。聞ける人ってそうそういない。

今はSNSなんかで学校の外、年齢や立場を飛び越えて会話する機会が増えたけれど、結局10代が心を開いて会話してるのって同世代なんじゃないかなぁと思う。私はそれでいいと思うんだけど、何か悩みがあって塞ぎ込んだらやっぱり上の人に話してみた方がいいと思うのね。
近い人より遠い人の方が『自分の生活には無関係』なぶん『本音』がきけるかも。本音を話せる人ってどんどんいなくなる。そして人の話をきけなくなる。大人になって視野が偏るのはこのせい。
自分を否定する人、肯定する人のバランスって本当に大切。前者も必要。
そういった真面目なリスナーからの相談を受けるラジオのコーナーが昔はあったんだけど、今は壊滅状態。
これはパーソナリティが発言に責任を持てなくなったからなのかもしれない。炎上するから。しょーもな。

私は中高生の時に逢坂さんに出会っていても絶対に好きになったと思っている。
逢坂さんがもし、演技指導などの講師になる事があれば、技術以上に10代の心に刻み込まれる言葉が与えられるんじゃないだろうか。
声優専門学校で、学生限定のそういった類いのイベントがあったけれど、その場での発言がとても気になる。
逢坂さんってもしかしたらちょっと言葉は悪いのかもしれない。
無難で曖昧な言葉選びをしない。舞台挨拶や特典CDの挨拶はテンプレートかなぁと思うけれど。『僕』って言うし(笑)
基本的に「俺は」という視点で話すから、それが正しいか正しくないかは受け手が考える事で、「どうしてそんな事言うんですか!酷いです!」なんて言った所でその人の意見を頭ごなしに否定してもナァ?と私は思うわけで。まぁどこまで本当の事かは知らんけど。 流石にメディアに出る人の発言を100%本当とは思ってない。
言葉に怒りの形で反応する人がいればそれはそれでいいんじゃないの。本当に関心がなければ相手にされず見向きもされない。やだ逢坂さん人気者♡

広告を非表示にする

結婚報告があると

誰か有名人の結婚報告があると、各界隈が一斉におめでとぉおおおおお!!!!!と騒ぎ立て、その裏垢ではifの話題で阿鼻叫喚。 ここまでがテンプレなのはこの界隈に来てよくわかった。
既婚者ですら「ウアアアアアアアアア」って言ってる死んだ世界戦線
おっと、このネタもう通じない人がいるのか。元ネタはAngel Beats!な。PAやぞ。
推し 結婚 死ぬ』で興味本位の検索をざっとかけた所、「推しの結婚報告を見ないためには先に死ぬしかない」人が出てきた。お前天才か。

でも別に無理に祝う事はないと思うし、「どうして祝えないんですか(怒)」って強要するのもおかしいと思う。
好きにしろ。そもそも祝う事は義務じゃない。あの、「おめでとおおおおおお」な空気がマジめんどくさい。
その空気にのまれなくたっていい。自分の感情だけを信じろ。床でむせび泣いてもその感情は何一つ間違っていない。TLの空気読んで発言しなきゃいけないようなあの感じがどうも自分にはあわない。何かの実況中にいつも「うんこ」とか言いたくなるから黙ってる。

でも個人的には職場結婚自体がなんか生々しいと思ってる。一般人と〜って言ってもその手の関係者多いし。
一般的な会社だと異動になる事が多いのは、愛は盲目だから。贔屓するに決まってるやろ!
あー、あの人とあの部署の人ね……みたいなのマジめんどくさい。勝手に想像して噂立てんな○ね。
そもそも私は人のプライベートや色恋に興味ない。
自分に関与しないから興味あるんやろ。ゴシップネタなんてそんなのばっかり。人の色恋はファンタジー。
そんなファンタジーな存在が『○○と婚約発表しました』ってなると、現実に介入してくる。
でも私は思う。誰の物でも無い、みんなの○○が1人の○○になった瞬間に立ち会えたこの世界線に感謝。○○は現実だった。

※○○と仲がいい、どこに何を食べに行ったみたいな情報もどーでもいい。
関係者同士の飯なんてどれだけ個人的に仲良しな友達でも、半分は仕事のwin-winな関係だと思ってる。
利用してるんじゃ無い、人と人は支え合っているんだ!(良い事言った感)

広告を非表示にする

若く(幼く)見られていた

さて、私は自慢では無いけれど若く(幼く)見られていた。
若く見えることと、幼く見える事は違う。
ある程度の年齢を超えると若く見える事は寧ろ損。ナメられる。よって実害が及ぶ。お世辞にしては若く言い過ぎやろお前、複雑やわ。
見られていた、と過去形なのはここ最近見た目が老けたらしい。
世の中の接客マニュアルが変わったのか知らないけども、レジで年齢確認を取られなくなった。
あとは駐車券が入り用か必ず聞かれるようになった。
酒なんて飲めないのにオトナぶって(※大人です)チューハイでも買ってみるかとレジに出すと、「お酒だけど大丈夫?」などとまるで子供に話しかけるように言われる。
服が幼いのもあるけれど、おばさんが幼い服を着ても所詮おばさんで、レースやフリルは余計オバサンが際立つの要素なのでその当時は幸運な事にそれなりに馴染んでいたんだろう(ポジティブ思考)
今は体型も含め、メルヘンおばさんに昇格した。
最近の私の外見や実年齢を知る人からしたら「そんな事ある?」という感じかもしれない。
逆に小学生で身長もあって服も大人っぽくて顔立ちも大人な感じなら、同年代の友達と遊んでいても「保護者」と思われたり、ちょっと悪いイタズラをしたらその子が「一番年上なんだからしっかりしなきゃアカンよ」なんて代表して怒られたりする事があった。
これは小5の時の実体験。幼少期に大人に見えすぎても苦労が多そう。子供でいられる時期は子供に見られた方がいい。

童顔、と思っているのは自分だけと言うのもあるかもしれない。
けれども実際、周囲の目を思うとそれを自覚する。
「若い子にはわかんないよね〜アハハハハ(中年特有の笑い方)」などと説教じみた昔話をされて、その人は私より年下だった事がよくある。色々と切り出しにくい。
男性の話だけども、私の知ってる中では30歳で居酒屋で年齢確認、25歳で夜のゲーセンで補導という話をきいた。まぁ似たような物。
これは見た目が幼く見える人は男女問わず経験しているらしい。
顔立ち、喋り方、言葉の選定、動作、服装など全てのトータル=雰囲気。
大抵の人は話をしていくうちに「実は歳いってる?」というのは通じるけれど、そんなに関わりを持たない人なら誤解されたままで終わる。外見で判断される。要するにナメられる。
(話せばわかるというのは、ある意味中身と年齢が伴っているという事でもあるんだけども)
接客などするとたとえ責任者であっても軽くあしらわれる。「責任者を呼べ」「私です」「……?」
これは結構苦痛で、当事者でないとわからないかもしれない。
そういう意味では女より男の方が苦労が多そう。男の外見が可愛いのは女以上に『頼りない』意味合いが強い。
低身長で細身で、色が白くて可愛い綺麗な顔立ちの人程悪そうなチャラい服装を好んでいるように感じる。
そうしないと本当にナメられる、マジで。ほんとにも〜、ナメられたら終わり(真剣)
女の職場ではアイメイクがっつり、ヘアスタイルキメキメな人がかなりの確率で権力者、お局様だったりする。見た目からっょぃ。
人は見た目が100パーセント
造形的には単純に遺伝。実際私の血縁者は見た目が若い方だと思う。身近ながら本当にそう思う。

で、実際の所私は年齢の割に中身が幼いのだと思う。内面は外見に出る。
だから自分でBBAだの自虐言ってると本気で老ける。
スーツを着慣れていない人がスーツを着ると服に着られた感がでるように、薄い1枚の自分を着ているような顔になる。
それでもあと5年もしたら完全に私の外見の幼さは消えると思う。もっと早いかも。
子供の持つ純粋さが薄汚れてきた時に、『大人』になるんだと思う。
所謂、中二/厨二である心を失ったら急速に老けるんじゃないだろうか。
自分の中にある幼さは悪いことなんだろうか。その全てを失わない大人、その心は欠片であれ一生失いたくないとは思う。

あと環境。『お母さんっぽい』人は実際、母親だったりする。
そうじゃない人は生活が『母親一辺倒』じゃないんだと思う。趣味があるとか、アイドル追ってるとか。
学校の先生なんかも日常的に子供と接しているから、何かしら内面も含めて若い事が多い。
(ただし指導者なのでそういう顔を持っている)

顔立ちが変わる、というのは物事を俯瞰できるようになったというような感じ。
『精悍な顔立ち』という表現を用いた場合、ほぼ男性を思い浮かべる。
別に『精悍』は女性に対して使っても問題はないけれど、『凛々しい』みたいな表現になる。

で、これは自身のことでもあり、逢坂さんの話でもある。
逢坂さんの2013年頃から2017年現在の写真を見ると、まるで別人のような表情がある。
今の方がどう見ても『カッコイイ』。まぁこれは盲目だからかも。
けれど、動きはあまり変わらない。
あの丸めたような手が本当に好きだけど(好きな人ならわかるアレ)、あの手は無意識な所で性格が出ているんだなぁ、きっと。

広告を非表示にする