読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るるぶ逢坂@rurubuosaka

声優の逢坂良太さんがちょー好き!雑文ブログ。こっちメインにする。

逢坂さんには単独でラジオ番組をやってほしい。

逢坂語り

逢坂さんには、好きな物だけをただひらすら話すだけのラジオをやってほしい。
どうも女子に人気有るような作品に出ちゃうと、どうしても熱烈なファンサ求められてしまうし、
「キャー!カッコイィイイイ!かわいいぃいい!!」なんて声があがってしまうのはもう仕方がない。
ただそれを本人が『オーバーリアクションで答えて返す』必要はないと思う。
逢坂さんはそれにちゃんと「答えて」るし。
(ハイキューラジオのゲスト回、『赤葦』で『頑張って』って言わなかったのに『逢坂良太』として『頑張れ』とは言ったのは本当に「あー、すっげ誠実。超真面目」って思った。)

逢花でのライダーとJAMの話する時の逢坂さんの楽しそうなことといったら。
急に元気、饒舌になる。すげー喋る。
もうただのヲタクやん(嬉)ヴヴヴのラジオで続編が「無い」と答えた逢坂さんマジヲタク。
逢坂さんって男性ファンいるとちょっと喜ぶやん。カメラ側向いて頭まで下げることあるんだけど!
普段あれだけカメラ向かない逢坂さんが、男性ファンには自ら目線送るんだよおぉおおおお!?
と、いうような過剰反応が「うへぇ…」な気分にさせているのは間違いない。すいません。
そら同性のファンって嬉しいと思うわ。

80年代ロボットアニメや特撮語るような番組を作ったとして、
自由にやってりゃ男のファンむっちゃつくと思うんだけど。
サンライズバンダイを提供に、宣伝しまくるの。バンプレ宣伝隊的?
てゆーか私にソレ企画構成させて下さい(私利私欲)
ガンダムではZガンダム好き」って言うだけで「話のわかる奴だ」扱いされるから。いやこっちの話。
そういうのもっと表に出したら違う層のファンがついて広がる。
でもどこで出すんや。作品を冠にしてたら別作品出しにくいしなぁ。
だから逢花は結構自由に話していて、そこはありがたい。自由すぎる。
私の中で「あさのさんおつかれさまでーす」が最高潮。収録中、スタッフに話しかけるってレベルちゃうぞあれは(笑)

ガンダムなぁ…出演作品を悪く言う事は出来ないだろうから、Gレコや出演が決まったオルフェンズに対してどう思ってるかってのは本音がききたいところではある。
否定までいかなくとも、ファン的な歪んだ意見は立場上言えないだろうし、無難になりがち。
しかしクリムの富野節は本当に凄い。あれもう富野節そのものが好きなんだろ…そうなんだろ…。
天才の役を天才が演じただけの話なんだろ。
あー、もう普通に話聞いてみたい。
『誰がために』がカッコイイって言ってたから、おそらく79年のあの映像の事言ってるんだと思うけど、
009をカッコいいって言うのならそれは!おおおおおおお、喜べ、関東にお住まいの○○さん!wwwwww
昭和仮面ライダーはV3でしょ?平成だと555とオーズでしょ?宇宙キター!は若干イマイチ感を匂わせていたしな…。(全て逢花情報)
やべぇかぶってる。私とかぶってるよ!嬉しい!
逢坂さんがファミレスで、楽屋で誰かとヲタ話してるだけの音声流してりゃ喜ぶ層いるから。
逢坂さんと同じ時間にプレミアムバンダイのサイトにアクセスしているかもしれないと思うと胸が熱い。

f:id:alignment:20160911235355p:plain

ステラステーションでは自分がメインで、ゲストを1人呼ぶ形。
逢坂さんはそういう感じの番組構成の方がよさそう。
ステステはリスナーからの相談にクッソ真面目に答えたりしていて、まるで80-90年代にあったようなラジオのような距離感。
『逢坂さんが思う事』をダイレクトに、問いかけのように語る。あー、理想。
それに加えてステステの、各種コーナーのセンスのよさ。
本人にとっては地獄でしかないだろうけど、即興劇やリスナーのリクエストに答える形で甘い台詞(どこかにいるキャラではなく、自身が即興で考える)はどれも本当に素晴らしかった。
夢キャスニコ生にも『メイクアップ!夢のワンシーン!』と言う、似たようなコーナーがあるけれど、
あの逢坂さんの演技に入る時のスイッチのオンオフ具合。あれを感じ取りたい。
アニメ系イベントである『台本ありき』の朗読とはまたひと味違う。
これはこれで空気が変わるから鳥肌ものなんだけど。役者って凄い。
どちらにせよ、『逢坂さんが見えない』んだもんよ。逢坂さんってば黛なのに黒子(ややこしい)
黛 「姿を消すのがオレの仕事だが 忘れられては困るな!」

林原めぐみのHeartful Station』的な、音楽紹介含めた番組もいいなぁ。
私このせいでスタチャの曲もの凄く覚えてCD(8cm)買いまくったからな…。
『水の星へ愛を込めて』『THE WINNER』『MEN OF DESTINY』『嵐の中で輝いて』が何の曲か知らずに気に入ってカセットテープ(笑)に録音して爪折って保存版にしてた。
かつオートリバース(笑)でエンドレスリピート再生してた。
この時代の主題歌の音楽のドラマ性が素晴らしいわ。もうイントロからくっそ熱い。懐古厨とでも何でも呼べ。
今はMIOみたいな力のある女性ボーカルの歌手いないの?(あっ、Aimerは凄くいいかも)
なんでメカアニメにピッタリあうんかね?不思議。
テッカマンブレード『REINCARNATION(奥井雅美)』もそういう系統かなぁ。私はテッカマンの方を知らない世代。
この出逢いは全て『林原めぐみのHeartful Station』のおかげです。今までありがとう!

あぁ、あと逢坂さん勇者ではマイトガイン好きらしいじゃないですか?
嵐のヒーロー!やべぇ嵐を呼ぶ園児…じゃない嵐を呼ぶ旋風児、旋風寺舞人ォオオオオオオオオ!
どうしよう…逢坂さんがあの決め台詞言ったら。
『銀の翼に希望(のぞみ)を乗せて、灯せ平和の青信号!
勇者特急マイトガイン、定刻通りに只今到着!!』
飛影、じゃなかった、ひぇー!私の心がAf:id:alignment:20160911235355p:plainRASHI ARASHI for Dream!
でも「旋風寺舞人は檜山修之さんです」と言われたら…ったりめーだろ!という思いもある。くそぉ。
勇者シリーズ再放送しろよ。朝にUC入れるものいいけど、勇者枠復活して欲しい。
お子達(ワルター様風)がロボットや自動車や電車や機械類にカッコイー!って憧れてくれないと日本の工業技術の未来は明るくないんだよ!!

と、いう訳で逢坂さんは早急に単独でラジオをして、ヲタ話をひたすら公共の電波に乗せるべきだと思います。

広告を非表示にする