【工事中】るるぶ逢坂@rurubuosaka

声優の逢坂良太さんがちょー好き!雑文ブログ。

字が汚い言い訳をさせてくれ

文字が汚い奴の言い訳
・思考スピードと筆記スピードが一致しないとイライラする
・丁寧に書いている間に集中力が途切れる
・奇麗に書こうとする意識から文字を間違える
・罫線があると真っ直ぐ書く事に意識が寄って、書いている内容が頭に入らない
(※私は2つの事を同時進行出来ないタイプ)

まぁこんな感じか。ただの注意散漫とも言う。つーかそれが一番の理由か。
この事に気がついたのは結構最近の事で、キーボードやタッチパネル入力が快適すぎて
『思考スピードと筆記スピードが一致しないとイライラする』事が大きな理由だと感じている。
そんな理由から文字の汚さと誤字が多いのは、原因としては一致するのかもしれない。
アナログで文字を書くスピードを、タイピングする速度に限りなく近づけたい。
最近はフリック入力がそこそこ早くなった為に、キーボード入力で若干イラっとしはじめた。
今ではフリック入力の方がキーボード入力よりも若干早いのかもしれない。
こんなの早打ちするなんて無理だと思っていたのに、shimejiの予測変換もバッチリすぎて入力装置としてはもう手放せない。

文章というものはアバウトに、大体あっていれば雰囲気で文章って読めちゃう訳で、文字が奇麗だとか漢字が間違っているだとか、ひらがなとカタカナが混じっている、変な所に消し忘れの文字が残っている…なんてものは気にしない。
人の文章を読む時も気にならない。文字よりも重要なのは内容だから気にしていない。
でも自分で後から見つけたらやっぱ直してるけど。あとやっぱ間違えちゃいけない場面はあるけどな…。
ちゃんとやるなら紙の上で逆から校正するんだけど、まぁココはな…趣味ブログだからな…。
自分で書いたモノは脳が錯覚起こすせいか、誤字をすぐには見つけられない。

本を読むのも早い。
あと私は本を読む時に2行3行とまとめて読む癖が有るのだけれど、これは速読で使う技らしいのね?
沢山の本を読む為に幼少期からやっていたので一行ずつ読む方が速度が遅すぎて疲れる。つーかイライラする。
哲学書や理工学書でそれが出来ないのは3行同時に読む知識量と理解力、その情報を瞬時に引き出す能力が自分に足りないからで、一般小説などは前者と比べると頭を使わない為に流れで読めてしまう。
ただ私は漫画を読むのが酷く苦手で、色んな登場人物の台詞があっちこっちに、絵も描き文字も色々あって、見開きの情報量から一気に読めない。アニメを観る感覚で1コマ1コマ等倍で追って行く感じ。漫喫行ったら損する。
4コマはまだコマの進行方向が限られている事と、あまり深いストーリーが無い為に早く読める。
最近サイボーグ009をまとめて購入したのだけれど、文学で言う所の古文というのか、内容が深すぎてとてもじゃないけど一気には読めない。多分同じ理由で手塚治虫も無理。もうジャンルで言うと哲学書やろ。深い。

文章でもそうだけど、私は横書きを読むのが早い。縦は遅い。
図鑑や専門書の類いは大抵横書きで、小説などは縦書き(綴じ方の問題だけど)
日常的にネット上で目にするのは横書き。
目と脳が慣れたのか、圧倒的に横文字の方が読む速度が早い。
小説は縦書き、横書きの書籍が二種出たら絶対に横書きを買うだろうなぁと言うぐらい横書きが好き。
パソコンやスマホで色んな記事を毎日読んでいる人は、上下の動体視力が若干あがってたりして。

そんな訳で手書きでメモするのが本当に面倒くさい。
この数年、より一層文字が汚くなった気がする。
無地ノートはちょっと高いから罫線付き買ってたんだけど、今は落書き帳やコピー用紙にシフトした。
ストック大量にあるから暫くは罫線付き使うけど…。
学生時代、理数は無地ノートを使っていたけど、図形や数式の下に罫線があるのがとにかく嫌で無地に落ち着いた。
あとノートの綴じてる部分。あの段差がとにかくムカついてさぁ…。筆圧高いから下敷きは硬筆用の軟質下敷き。
同じような人に出会った事は今の所ない。今学生の人にはマジで無地ノートお勧めする。
キングジムのスタンディアっていう薄い青罫線の、一見無地に見えるノートが素敵だけど高すぎ)

広告を非表示にする