読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るるぶ逢坂@rurubuosaka

声優の逢坂良太さんがちょー好き!雑文ブログ。こっちメインにする。

逢坂さんがすっごい好き♪(長い)

逢坂語り

私さぁ、逢坂さんがすっごい好きなんよね(今更)
なんでこんなに好きなのかはちょっと分からない。パッション!
元々声優(役者)には疎くて、どちらかと言うと制作スタッフに興味あるようなタイプだったのね。
まぁそれは私がその業界に憧れがあったせいだとは思うのだけれども。
でないと普通は裏方なんて興味持たんやろ。

近年声優は顔出すの当たり前だし、本人がラジオやったりインタビュー受けたりするし。 イベントにはほぼ確実に登壇するから、露出が多いってのもあるんかな。
裏方の中では声優って一番ファンが多いと思う。いや、もう裏方とは呼べなくなってるか。
声優は表に出るのが当たり前みたいになってる。養成所行ったら宣材写真を綺麗に撮る練習するらしいしな?でもこれって大事な事よな。顔の造形や表情がいいとそれだけでよく見られるし。
映画の舞台挨拶でも声優が出るってのがお決まりだし、顔がカッコイイって言われてる人も沢山いるし、オリコンチャートに上位ランクインするし、個人ライブも。
ホラ、えっと、お渡し会なんて…凄い…よな…。
お渡し会で釣られちゃう人が沢山いるってとんでもない事やん。
くそぉ!いいなぁ!いいなぁ!逢坂さァん!東京に住んでたら血眼になってかかもしれん。後楽園ゆうえんちで僕と握手!

で、声優が好きって言うのは大抵キャラから入るもんだと思うの。
私もそういう理由で〇〇さんが出てるから観よ♪なんてアニメは過去に沢山あった。
でも私の知ってるキャラ声じゃなかったら「へー、こんな声出せるんか」というような思いよりも「あのキャラの声じゃない」って、常にその一定のキャラを重ねて観てた。
声目的ってよりもキャラ目的。
でも別にそれはそれでいーんじゃない?とは思うけど。

ぶっちゃけると、逢坂さんの演じてるキャラで物凄く好きだってのは居ない。嫌いなのも居ないけど。作品は比較的好みのものが多い。
逢坂さんの出演作って世間的・商業的にはちょっとパっとしないB級っぽいのが多い気がするけど、私は好きなの多いなぁ。
出演作品があれだけあると、流石に全部好きとは言えないし、全ては追いかけられない。ゲームはほぼ壊滅。優先順位決めるのにはやっぱり好きそうな系統からだし、苦手そうなのは後回しにしてるけど、それでも意外に好みのものがあったりして、逢坂さんがいなけれな遭遇しなかったであろう作品もあるから、それはラッキーだと思ってる。新境地開拓って感じ。

元々私はキャラ萌えしないタイプだけど作品が良ければどのキャラも外せない存在になるから、キャラ一点集中・全力で好き!ってのが無い。
キャラも世界観も全てが好きだから『作品』が好きって感じ。
(女の子キャラは結構いるんだけど、何故か男キャラで萌えってのがホント無いんだよなぁ。嗜好がマニアックすぎるのかも?) かといって一番好き!ってのはちょっと決められない。
それぞれテイストが違うから、日本料理とフランス料理と中華で一番好きな料理って訊かれてもちょっと悩むやん?
出演作品で好みじゃないのはあるんだけど、無理に話題にはしない。
そりゃ苦手な物について語る時もあるけど、そこまで興味持ってないから言いたいことあっても忘れるんだわ。好きな方が大事だから。
だから『○○が○○だから嫌い』って明確に言える作品って、その嫌いな部分の癖が強いから根強いファンが付いてるんだろうなーって思う。だから私、あの作品好きなのかもしれんよな。でも苦手なんよね。人気が出る理由はわかるんだけど。

逢坂さん本人は演じる時に「自分が作品のファンにならないと」って言ってるけど、演じる方(制作側)はそりゃそうだろう。仕事だし。
ただ自分の好みドンピシャな作品が来たらそりゃ思い入れは違うだろうな〜。
何が一番好きって立場上言えないんだろうけど、
ひとまずつり球ダイヤはひときわ存在が大きそう。出世作とも呼べるし。

そうだなー、私が逢坂さんに一番興味持ったのはシドニア。時期的にはちょっと遅め。
今までテレビのスピーカー越しで普通に聴いていたものを、ふとヘッドホンで聴いた時に「え?なにコレ誰コレ超好き」ってなって、一目惚れじゃ無くて耳で惚れたっていう謎現象が起きて今に至る。
ヴァルヴレイヴ観てたんだけどなー、あれ?
同時期に少ハリやってて、アイドルアニメって食わず嫌いな所あったんだけど、少ハリは毛色が違うと人に勧められてみたのが始まり。実際ついてるファンって「推し!」みたいな人少ない。
少ハリの公式自体がそういう構成にはしていなかったし、商品展開も控えめ。
この頃、逢坂さんの声って世間では「特徴がない」だとか「誰だか分からない」なんて言われてて、でも実際ソレ逢坂さんが目指すところだったから凄いよな。この辺りは主人公無双。
ラノベやロボットアニメの主人公って視聴者の投影ポジションだから、見た目もキャラクター性も個性ありすぎると駄目だと思ってる、個人的には。
でもモラトリアム真っ最中の葛藤する少年感と、主人公なりの演技力が必要だから、その透き通ったイメージにぴったりというか。
逢坂さんは初期の頃から今に至るまで、ずーっと少年の声が出来るのがいいなぁと思ってるし、出来るなら時々やってほしい。本人はキツイんかなー…。

ブラッドラッドはたらく魔王さまは後追いなんだけど、演技上手すぎやろ。
私は演技の事よくわかんないけど、何がどの辺が新人なのって思ったのが印象。
棒な所や、叫びや笑いに違和感があるとか、一切思わなかったんだけどなぁ。
2013年頃は今と比べるとやっぱり分かるんだけど、つり球(これも後追い)のユキも完全にユキだった。逢坂さんが演じてるっていうんじゃない、ユキだった。
逢坂さんのその緊張感すらも伝播しているような、逢坂さんが憑依したようなユキ。

歌も下手って言う人いるけど、キャラソンと歌手の歌う歌って別物やし。
逢坂さんは『キャラソン』を歌ってるんだよなぁ。
最近「アニメの曲じゃないみたい〜」ってな曲の方が流行るイメージあるんだけど、もっとバリバリのアニメっぽい曲の方がキャラっぽくていいよなぁと思う。
アニメのアイドル物は2.3次元ぐらい目指してそうだから、実際のアイドルっぽい楽曲の方がいいんかね?
スポーツ物のアニメのキャラソンってどんだけ高校生がスカしてキラキラした曲多い。
でも今の学生ってみんな普通にカラオケへ行くから、カッコつけて英語歌詞付きで熱唱してもいいんかな。素人でも歌めっちゃ上手い人って多いし。
それ言ったら歌声と地声って違うからな。
その点ダイヤってその匙加減がいいなぁ。最初は逢坂さん目当てで沢村のだけ聴いてたけど、他の聴いたら降谷の熱さが伝わってきたりして、歌詞も秀逸で、主題歌含めてどれもお気に入り。
クリス先輩がアレなら御幸一也ー〜〜〜!朗読しろ!!!
ハマトラのキャラソンでアートが朗読してるから是非あんな感じで宜しくお願いします。
ハマトラはちょっとオシャレぽかったけど、どれも聴きやすい。

シドニアと少ハリが放送している時期はどうしても連続で観る事が多くて、自然と逢坂タイムを1時間は使うようになった。
サブリミナルじゃないんだけど、日常に逢坂さんの声が無いと違和感感じるレベルでヒーリングミュージックだとか川のせせらぎみたいな感じ。森林浴。
世界平和の声やで。全ての人々が健やかに、安らぎの中で生きられる神の声。争いは憎しみしか生まないんだァ!
透明度100%で濁りが一切無い。垂直に入射した光がそのまま地底まで直進して漆黒の海底に視界を作るような強さのある、まばゆい光。
このキラキラがみえますかぁ!
今の私は聴きすぎてるせいか逢坂さんにだけ特化してる所有るから「あ、逢坂さん!」って分かるんだけど、それでも一切逢坂さんが演じてるって気配がないんよね。
本当にキャラが喋ってるって感じ。キャラに溶ける。
今期(2016秋)なんて新しい系統が多くて、マジでカメレオン声優。
だって好きなのに分かんないって凄いやろ。いや、ちゃんと聴いたらやっぱ分かるけど、ちょっと聴くだけじゃわかんない時がある。ミスディレクション
地声含めた何パターンか知ってないと聴きわけは無理なんじゃないかなぁ。
でも逢坂さんが言うように、中の人を意識したら作品に入り込めないってのはわかる。
でもこれって逢坂さん自身がそうなんじゃないか。
私達みたいな一般ファンと違って、先輩後輩の声がテレビから聴こえてる訳だか余計に(笑)

そんで、シドニア。長道って実際中身は子供やんか。
地下から出てきたばかりだから何もわからない。
そういう真っ白な感じと、上手く言葉が出てこなくて、伝えららない感じがよく出てる。
トリスタのニコ生で「少年のイメージ」を形容するなら「じゅんすいな心」って書いてたけど、キャラの先入観を入れずに演じてるんだろうなって本当に思う。
長道が観た物体験した物を同時に逢坂さんが体験しているような。
逢坂さんの演技からは『計算』を感じないんよね。
アクターズの一兎は一兎のまっさらな感じが可愛い。
私の心がマジキュンルネサンスレボリューション。

もうさぁ、何が好きって説明できない。全部好きに決まってるやろ。
声も顔も体(?)も表情も、方言混じってる所もあの笑い方も何かを思い浮かべる時に上を見る仕草も、同時作業苦手でちょっと手が丸くなるところも、逢花で肘ついたり仰け反ったりしてるのも、始球式で全力投球で肩痛いって言ってる所も(※壊さないように注意して欲しいけど)、コスプレNG言いつつ過去に真央さんとナイスがめっちゃキメキメだったり、ラジオのメールに対して結構キツい事言ったり、イベントで集団だと一切口を開かない所も、後輩がいると凄く喋る所も、股に無駄に何か挟んでジェスチャー能力イマイチな割に絵がかなり的確に描けちゃう所とか、キャラで演技して〜って言われたら「キャラの私物化はしたくありません」言ってやらないし、そんな逢坂さんが逢花の罰ゲームで奇跡の本気投げキッス(ウインク付き)するし、あーん!全てが超絶オットコマエ。
どうしてもニコ生やラジオ、雑誌の露出多くて本人発言を知る事が多いから、本人そのものに偏ったけれど、基本は幅広すぎる変化自在・応用自在の演技力が好きな訳よ。
中でもシチュCDに多いヤンデレ気味、束縛系のワントーン低いのが一番好き。
でも本人の地声も笑い声も好きだし、THE逢坂なTHEラノベ声も凄く好き。
ペルソナのアニメうしとらみたいな狂気の迫真演技が最高に好きで、こういうのは定期的に観たい。凄いなぁ。
鈴懸一兎みたいな高めトーンは最初はあまり好きじゃ無かったんだけど、何度も聴きたくなる中毒性がありすぎて好き。透明。透明すぎて私には眩しかっただけだったのね…声だけど眩しい。
萌えの総合デパート。こんなに乙女()の心を弄んで!恐ろしい男やで。
何度でも恋に落ちる。fall in love♡
そう、彼はまさしく『夢色キャスト』ーーーーーーー。
吐く息も吸う息も全てが愛おしい!抱いてHOLD ON ME! ※モ/ー/娘/。
その息が対流し、日本の、世界の、地球全体の気候を変動させる程に
逢坂良太』はこの宇宙全体を構築する一つの要素。
アイスクリーム ユースクリーム 好きさ
逢坂さーんおーさかさあああああんんんCHU ちゅうチュウ※榊/原/郁/恵

それに仮面ライダーとJAMの話するときただのヲタクだし、完全に親近感沸く。
Zガンダムマイトガイン好きみたいで、昔の作品好きみたいなのも嬉しい。私も世代ではないけど、ホント70後半〜80-90年代の作品好き。
今も面白いの沢山あるけど。
逢坂さんが他、何観てるのか普通に知りたいわ。
逢坂さんがダラダラ色んなアニメみながらポテチ食いながらベラベラ話すだけのヲタトークするだけの言番組があったらかじりついて観る。
ゲスト呼んで、冬はこたつ囲んでミカン食いながら喋るだけの番組。
時々ステラステーションみたいな真面目トークが飛び出すの。
ハイハーイ!企画やらせて下さい!
どんな声優さんも、30-40歳ぐらいなら同世代とそのちょい上の世代狙っていく懐かしネタ番組作ったら面白いと思うんだけど。
実際、地上波は懐古主義に走った歌番組多いのはそういう事だと思うんだけど。昭和40年男って雑誌もそういう感じ(個人的にはその時代の文化を知る事が出来て、すげぇ面白いけど)
news.nicovideo.jp

単純に僕はモビルスーツのカッコよさで好き嫌いを決めるので、Zガンダムがイチバンカッコイイなって。

これさ、男のファンがアホ程つくからもっと言うべき。
あーーーーーーっ!すきーーーーーーーーーーー!好きです。好き…。
こんなに好きにさせたからには責任とってよね!wwwwwwwwww

広告を非表示にする