読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【工事中】るるぶ逢坂@rurubuosaka

声優の逢坂良太さんがちょー好き!雑文ブログ。

逢坂さんの『本人ファン』

見えている部分を褒める方が楽

大体さぁ、人を褒める時って見える部分を褒める方が楽な訳よ。
そうすると「カッコイイ♡」「かわいい♡」「素敵♡」に集約されてしまう。
別にそれが悪いわけでも間違っている訳でも無い。見たまんま率直な感想。
しかも無難で誰も傷つかない(時に褒めたつもりの言葉は人を傷つける)
そこで心の高鳴りを表現しようとすると、バリエーションとして「むり」「しんどい」が近年では加わるのかと思う。でも「カッコイイ♡」って形容は別に見た目だけの話じゃない。
内面的なカッコよさ、発言の可愛さってなかなか言葉では表現出来ない。
「○○が○○で、○○だから格好いい」の表現には限界がある。
基本的に文章で説明しなくちゃいけないから全体が長くなる。くどい。←
それに感性が違えば相手には一切通じない。
「イケメン」だと良く言われている人でも、私からすると「はァそうですか?(鼻ホジ)」となってしまう。
だから私が「逢坂さん超カッコイイ♡」って言ったところで相手は「はァ?」な訳よ...。
もしかしたら「えー、凄くカッコイイ♡」って言われる可能性はゼロじゃないけど、「B専?」って言われた人もいるらしいからな…。ホンマにな…人それぞれやで…。
ショック受けてて美男子のB言うてたぞ。クッソわかる。←盲目
Beautiful Binansi=BB弾(BB男)
ココロ撃ち抜かれちゃう♡バーン♡

演技してる逢坂さんが好き

私さぁ、『声優の逢坂良太』が好きなのね。でも知れば知る程本人が好きになる。これは恋?いやもうホント好き…三次元なのに萌の集合体すぎるやろ。勘弁してくれや、好き。
もう萌えキャラの一環。逢坂さんありがとう!いえー!
でも何が好きってやっぱり演技してる逢坂さんが好きだし一番カッコイイし、カワイイの。
逢坂さんの出す声って本当に理想の少年声。 純粋な心とその揺らぎ、無知と無垢、その青春のモラトリアム真っ最中な逢坂さんの透き通った少年声が本当に好き。
あと数は少ないけど、頭狂った系の演技が本当に迫真の演技で大好き。(直近だとペルソナ5
逢坂さんの演技で「うっわ、怖」ってビビりたい。
乙女系の甘い感じの囁き台詞も需要MAXなのは理解出来るし、私だってそれはそれで欲しいんだけど、
どうしても私はSFやらメカアニメが好きだから、その手のもっと硬派で無骨な作品に出て欲しいのが個人的には一番の理想。もしくは仮面ライダーに『声の出演』をする事かなぁ。
それに逢坂さん自身もこの手の作品は話を色々聞く限り凄く好きそうだし、仮面ライダーには本当にいつか出演すると信じている。
こういった戦う系の作品は日常パートと、戦闘シーンがあるから『叫び』があるし、非日常な台詞も多い。
そういうのって違和感なくさらっと自然に『台詞』として演技するのは地味に難しいと思うのね。
あとなんせカッコイイ台詞が多いから単純に演じて欲しい。
この手の作品に出ると、登場人物の平均年齢もあがるから、年配の渋い役もくるかもしれない。
最近で印象にあるのは内山(昂輝)さんのマクロスΔのメッサー役。
ずーっと高校生ぐらいの役しか知らなかったから、凄く意外だった。普段より低めトーン。
逢坂さんだって、動物役もいつかくるかもしれないし、中年役飛んでお爺さんの役だってするかもしれない。
逢坂さんの「すっげ」って言う演技を見たい聴きたい知りたい。バリエーション豊か。
たとえ『本人』の露出が減ったとしても、それ以上に演技を聴ける方が私は嬉しい。
だって『声優』だから。


本人への入り口

最近は鈴村(健一)さんが好きでバンプレラボ観たり、夢キャス好きでニコ生観たりして本人から入った人も多くいる。ゲスト目当てだったのに「沼った」って言ってる人もめっちゃいる。
アニメの声優イベントで初めて見て、惚れたパターンもよくあるらしい。
今の声優って個人単体でライブで集客するし、写真集出ちゃうし、毎週イベントに出たり生放送で本人が出演したりするしなぁ。本人の露出が多いだけに当然か。
そうなると本人が出てる動画やトークに注目しがちだし、本人のスクショ連写したりするわけやん。
そうなるとメガネ坂はレアだとか、前髪がどうこう、みーんな言ってんの。
加えて着てる服や靴も特定しだしたりすんの。
「えっ?まってこのハイターかけちゃった服ナニ?」って言うだけでどの服がわかっちゃうの。
はー、ヲタクキモイな(直撃ブーメラン)
でも逢坂さんの本業は『声優』な訳よ。
個人的にだけど、もし自分が逢坂さんの立場だったら「ラジオ全部聴きました!」より「ダイヤのAが好きです!全話観ました!」の方が嬉しいんじゃないだろうか。
実際逢坂さん、「俺じゃ無くて作品を見てくれ」ってな事を言ってるけど、言葉にしたって事は強く思ってるんだろうなぁ。
しかもその人がダイヤの原作好きで、「アニメの沢村栄純の声がドンピシャ予想通り、最高の演技!逢坂さんで良かった」って思ってくれるならやっぱりそれは仕事の上でも最高の褒め言葉だと思うし。
本当に「沢村のウザイ感じ」は絶妙。あの笑い方が耳に残る。耳障りなほどに。
あの声が「鬱陶しい」と感じるのなら、それは沢村栄純というキャラがウザイのであって、逢坂さんの事じゃ無い。
「うるせぇ」って思われるのが正解。そういう造形のキャラクターだから。
まっすぐ直球ストレート、でも予想のつかない変化球。そんな性格を声が表現している。きっと代役は立てられない。


などといいつつ、ラジオや雑誌は一応チェックするわけだけども、現在進行形が多すぎて過去作品になかなか手をつけられない。
ラジオもCD化されていて、後追いが多い自分は助けられているんだけど、量が多い。
後から手に入ってしまうからこそ聴きたくなってしまうし、いつでも手に入るからこそ後回しにもなったりする。
昔はラジオ本編のCD化なんてありえなかった。
(代わりにその昔はラジオ内でラジオドラマを放送していて、それがCD化されていたけど)

演技の感想を書くのは結構難しい。

やっぱり演技の感想を書くのは難しい。「とりあえず観て!」としかいえない。
観て、かつその良さを知ってる人しか私の言ってる事の意味がわからないと思う。
演技の感想なんて『雰囲気』でしか書けない。
演技的にお勧めで、全編観るならば『はたらく魔王さま』だけど、
この作品の1話だけちょろっと観ても「演技凄いんだからァ!」の真意は伝わらない。
作中のエンテ・イスラ語が凄いっていうのも気が付かないのかもしれない。
あまりにネイティブ的な自然な発音だから、演技というよりキャラが普通にエンテ・イスラ語喋ってる。 これはどのキャストもそうだったんだけど、とにかく自然だった。声優って凄い。
ああ、あと『つり球』のユキを下手だと言っている人を何回か見かけたけど、私はバケモンとしか思えんかった。バケモノの子細田守かよ。
後追いで観てそう思った。全話観たの最近。あれ逢坂さんじゃなくて「ユキ」が喋ってる。ユキの緊張感が伝わってくる。ユキは逢坂さんでなければユキじゃなかった。
逢坂さん自身が逢花で「声でてない」って言ってたけど、あの今より声が細い感じの弱々しさと、大きな声を出したいんだけど出ない感じ、ユキの臆病さと意思の強さ、そしてなにより優しさが滲み出ている。

ユキの声に逢坂さんを選んでくれてありがとう中村健治監督。
つり球ほんまオモロイ。円盤買った。
つり球』も『はた魔』も作品として単純にお勧めだけど、
「逢坂さんに興味有ります!色々観てみたいです!」な人はあえて少し後回しにすることをお勧めする。
今の演技を知った上でつり球を観た方が逢坂さんの凄まじさをより理解出来るような気がする。
あと特典映像めっちゃ若いand今みたいにふんぞり返ってない(褒めてる)
そういう意味でも楽しめるので是非つり球は3番目ぐらいにしておいて。
噛みしめても味がなくならないガム彼とは逢坂さんの事です。CD外れた。(某氏の素敵な言葉を借りて)

でも感性は人それぞれだから好きな作品じゃないと全話観るのは辛い。
私もぶっちゃけ苦手な作品ある。まぁ察しろ。
例えば「あの泣き演技良かったぁ~」って言ってもその作品を好きで観てないから本質はわかっていない。
ま、本人も立場上表に出せないだけで、苦手な作品あるんだろうけど。
私も実際全部観てる訳じゃ無い。ゲームは時間かかるからほぼ全滅。いつかやりたいんだけどハードすらないから…。
中には全部手をつけてる研究者レベルの人もいるんだろうけど、やっぱり自分の『好き』な傾向と感性があわないと『楽しむ』のは厳しい。
だからレース物かSFメカ物のキャラクターに是非『逢坂良太』をよろしくお願いしまーす♪
あと、整備士の役やって!!!!!!!(私の最萌)

広告を非表示にする