るるぶ逢坂(雑談)@rurubuosaka

声優の逢坂良太さんがちょー好き!雑文。感情のうんこ。個人の感想です。嘘を嘘だと見抜いて笑える人だけ。

「THANATOS NiGHT/タナトスナイト」ラビリンス Vol.4セスCV.逢坂良太 感想

1枚目、特典も後日書く。ひとまず仮公開。
逢坂さんの事をある程度知っている事前提で書いてる。
書き手は乙女界隈に疎い。セスしか聴いてない。あらすじは他でみて。

「THANATOS NiGHT」ラビリンス構成

1曲目にボーカル『ラビリンス』→本編ドラマと1枚目と逆の構成。
タナトスナイト本編CD 6曲→23分
アニメイト特典「DA・天使ホーテ」7:52
・ステラワース特典 「堕天使Night_Re」7:41
※主人公への呼びは「お前」、一人称は「俺」
※シナリオはポルカドット。ライター個人名の記載無し。
※ボーカル+本編+メイト+ステラ特典=39分はちょっと満足度低い。
※甘さはステラ特典がポイント高い。
※個人的には逢坂さんのトークがシチュエーションCD本編では??????って思ってるクソヲタ。

2枚目を聴いた感想

記憶を消されたセス……なので1枚目とはキャラクターの性格付けが違う。
『堕天使』の設定が活きているような気がする。怖め。1枚目ととにかく毛色が違う。
2枚目はボーナストラックのキャストトークに逢坂さん自身が
「いじめられたい人にとっては多分嬉しい内容になってるんじゃないかなっていうふうに思いますけれども」
「前回みたいな話を期待しちゃった方には申し訳ありません(笑)また違ったセスの表情がみれて良かったんじゃないかなって個人的には思っております〜」

なんて言ってる。
個人的には1枚目が好きだけど、こればかりは好み。
2枚目の方が「性癖ギャアアアアアアア」な人もいる。

1枚目のバスがキキキキキィイイイの超展開に「くそwwwwwwww」って笑ってる人見かけたけど、わかる。
1枚目は逢坂さんのよくいるフツーの学生、泣き、叫び、嗚咽だのシチュCDっぽくないシーンが次々と、バリエーション豊か。
その意味では『中の人ファン』はまた別の意味で楽しめる。
2枚目はそういう超展開は起きない。
逢坂さんの演技的には少しS的な性格で、低めトーン。
少しチャラけた調子のいい所は引き継いでいる感じ。
(逢坂さんのキャラで言うと、トリスタの花崎やハマトラのナイスみたいな。
低い方は(と言っても高めの声色なんだけど)執着/溺愛のような少し病み系入ったあの感じ?今回は少し二面性のある感じに描かれている)
前回の幼なじみの主人公ではなくはじめから自殺したがっているまた別の主人公。

台詞

一つ一つの台詞を切り抜いて聴くと、『いかにも』な台詞が並ぶ。
だから1つでも台詞が気に入ったらまぁ聴いてみてって感じ。

以下↓
「お前が俺の言う事ちゃんと聞くなら、だけど」「他の誰もいらないってぐらい、大好きになってよ」「必ずお前をラクにしてあげる」「怖くもないし、痛くもないよ」「ぜーんぶお前が悪いんだからね」「何?怖いの?」「最初からそう言えばいいんだよ」「もしかして、みんなの前じゃ言えない事?」「今すぐ俺にキスして」「何、初めてなの?」「いい子だね」「ひとりぼっちにはしないから」「早く、お前から求めるようになってね」「お前も凄く凄く大好きな俺にイカせてもらえるなんて嬉しいでしょ?」「なら、もっと喜びなよ」

私のお気に入り大賞は
「遅い!ゴメンとかいらない。とりあえず謝っとく、みたいなのが一番ムカつく」でぇす……。
これ凄い逢坂さんっぽい(え?)←
それと、「ノート貸して」「次って小テスト?」「もしもし俺?」「今から行くねー、また後で」「俺絶対赤点とんない、マジだって」の日常っぽい台詞が逢坂さんの十八番、『普通のどこにでもいる高校生』演技で良かった。
他には「殺すね」「殺してあげるって言ってるじゃん」って台詞があるからこれが一番嬉しい人いるかも(え?)
ただ「俺の事好きって言って」「愛して」が多いから、そういうの苦手な人はちょっとイラってくるかも。1枚目と通して、セス自体がちょっと寂しがりっぽい設定があるような気がする。あと自己愛強め?「好きになること」「好かれる事」をわかってない感じ。
まぁシチュCDの性質上そうなりやすいんだけど……。

つづく(近いうちに書く)